利用規約

STUDY SPACE 同意事項

(1)受講料金・支払い・退会・受講環境について

  1. 本講義の受講料金は、指定の方法にて期日までにお支払いください。
  2. 退会の場合は、退会希望月の19日までに予約システムにて退会申請が必要となります。
    (例:7月から退会=6月末までご受講の場合の退会申請期限…5月19日)
  3. 退会月以前の受講料金、また、月途中で退会された場合のその月に納付された受講料金は返却できかねます。
  4. 休会を希望する生徒は、休会開始希望月の前月の19日までに予約システムにて届け出が必要となります。
    (例:4 月から休会の場合の届け出期限…3月19日)
  5. 休会の期間は3ヶ月以内とし、休会の期間が経過したときは自動的に復会するものといたします。ただし、病気などの理由で休会延長の必要性があると認められる場合にはこの限りではありません。休会期間中は受講料金の発生はありません。
  6. 受講料金、その他の未納金が 2か月分以上になった場合は退会を勧告し、未納分の受講料金を入金いただくまで、原則受講することができません。
  7. オンラインで受講される場合、インターネット回線料金など、本サービス提供時に発生する通信費用はお客様が負担するものとします。また、通信にツールを利用する場合、お客様は以下の内容に同意したものとします。

a)お客様は通話ソフトウェアの機能及びその利用規約についてソフトウェアの規定するそれに従うこととします。
b)サービスの利用前までに通話ソフトウェアをダウンロードし、その機能を確認することはお客様の責任とします。
c)通話ソフトウェア及びその利用に必要なハードウェアの故障及び設定不備によりサービスが利用できない場合、当社は一切責任を負わないこととします。
d)サービス開始後に発生した通話ソフトウェアそのもの機能の不具合について、当社は一切責任を負わないこととします。
e)当社は通信ツールの事情により生じたトラブルについては一切責任を負いません。また通信ツールが提供するサービスに関するお問い合わせについては、一切受け付けておりません。

(2)講義受講日の選択・振替対応について

  1. 振替受講日は振替受講日までに受講日を選択・ご申告ください。翌々月以降の振替はできかねますのでご了承ください。
  2. ご申告いただいた受講日を欠席する際は、受講開始時間までに予約システムにてご連絡ください。
  3. 参加いただけない回があり、月内の受講数が4回に満たない場合であっても、返金での対応は行いかねます。

(3)傷病等発生時の対応について

  1. 持病をお持ちの方は、お申込み時に必ずご申告ください。合わせて、参加の際は保護者の方の同伴等、各自必要な対応をお願いいたします。
  2. 受講生の方が持病・障がい等をお持ちの場合は、受講の際に保護者の方の付き添いを必須とさせていただく場合がございます。
  3. 通学で受講される場合、受講生の発熱、腹痛等が疑われる場合、保護者の方と連絡が取れなくてもスタッフの判断にて診療機関にて診察を受けて頂く場合があります。その場合の医療費は実費にてご負担いただきます。

(4)災害等発生時の対応について

  1. 地震、大雨等の自然災害発生時は、講義を中断し安全確保を最優先いたします。
  2. 受講者の方がお一人で参加される場合は、保護者の方との連絡手段(携帯電話等)を確保ください。
  3. 台風等の自然災害、および大規模な交通機関の乱れ等により教室の運営が行えないと判断した場合には講議を休講とする場合があります。その場合は別日への振替での対応、もしくは一部返金での対応のいずれかを取らせていただきます。休講の場合は、お電話もしくは E メール、ショートメールでの連絡を行います。また、受講中に災害等発生した際は原則としては教室内で待機いたしますが、避難指示・勧告が出た場合には、ハザードマップに基づき安全な場所へ避難いたします。

(5)写真・動画撮影等について

  1. 本講義では、販促や広告活動のために写真、動画、音声、および開発画面のキャプチャ等を撮影いたします。撮影したものは当社ホームページや各種広告・告知物等に使用する場合がございます。
  2. 上記撮影および各種広告・告知物への転載、取材を拒否される場合は予めスタッフへお伝え下さい。(講義お申込みの際に、同意書にて使用許可・不許可の意向をお知らせください)
  3. 受講者の方および保護者の方が教室内で撮影をする場合は、他の方のご迷惑にならないようにご配慮ください。また、各種SNSに掲載する場合は他の方の映り込みを防ぐ等、プライバシーにご配慮ください。

(6)個人情報の取扱について

  1. 受講にあたりいただいた個人情報は、弊社『個人情報の取り扱いについて』のガイドラインに沿って適正に使用いたします。

(7)反社会勢力との関わりについて

  1. 申込者(契約者・保護者)が反社会的勢力に属さないことを誓約していただきます。
    万が一、反社会的勢力に属すると判明した場合、本件契約を解除させて頂く場合がございます。

以上

個人情報の取扱について *

株式会社ToLico(以下、「当社」といいます。)は、当社のデジタルマーケティング事業及び教育事業において取り扱う個人情報が、御客様のプライバシーを構成する重要な要素であることを深く認識し、個人情報の保護に関する法令および当社内部規程を役員及び、全ての従業者が遵守することにより、御客様の当社に対する期待と信頼に応えてまいります。

1.個人情報の取得、利用及び提供
当社が個人情報を取得、利用及び提供するにあたっては、あらかじめ、その利用目的をでき得る限り特定し、利用目的の範囲内でご本人様に通知し、同意を得て、目的の達成に必要な限度において取得、利用及び提供させて頂くとともに、その目的の達成に必要な範囲を超えた取得、利用及び提供を行わない為の措置を講じます。また、ご本人様が容易に認識できない方法、偽りその他の不正な方法により取得することはありません。

2.法令、国が定める指針その他の規範の遵守
当社は、個人情報保護法及び個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他規範等を遵守し、またJISQ15001の要求事項を全社的に適用して管理を徹底します。

3.個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止並びに是正
当社は、取り扱う個人情報に関するリスクを十分に認識及び分析し、必要かつ合理的な安全管理措置を講じることにより個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止を行います。また、個人情報の漏洩、滅失又は毀損が発生し得る、新たなリスクを察知した際には、遅滞なく是正処置を講じます。

4.苦情及び相談への対応
個人情報を取得させて頂くご本人様の苦情及び相談については、以下のお問合せ窓口にて承ります。
<個人情報の取り扱いに関する苦情相談窓口>
a)責任者 :お問い合わせ窓口責任者
b)郵便 :〒141-0031 東京都 品川区西五反田4-31-18目黒テクノビル
c)電話番号 :03-5436-7127

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
本方針を頂点として策定する個人情報保護マネジメントシステムについては、技術動向、個人情報保護に関する社会情勢及び内外からよせられるご意見、苦情等の内容を十分考慮し、継続的に改善します。

制定:2021年10月1日
代表取締役 大平 達也